今すぐ予約
? Book

ホテルマップ

ホテルの地図

ホテル詳細

黄山北海ホテル (Huangshan Beihai Hotel), 「北海ぬれ墨雲は紙を作り、夢筆は花山を鉢に植える」というホテルは海抜1630メートルの北海観光スポットに位置しています。1958年に設立され、黄山観光発展株式会社に属しています。ホテルは貢陽山、前観獅子峰、右隣始信峰、左望丹霞峰を背にして、日の出、夕焼けを見るので、雲海、松涛を鑑賞して、黄山の美しい景色の地理的位置の優越しているホテルを閲覧します。北海ホテルは黄山風景区の接待部門で、数回の改築を経て拡張されました。現在ホテルは散花精舎、本館、貢陽山荘、曙光木屋、8号館から構成されています。敷地面積は26.6ムーで、建築面積は約15982平方メートルで、多種類の客室が200余りあります。
ホテルは大きいレストランが二つあります。その中の二階のレストランは主に注文とセルフサービスの機能を担当しています。一階のレストランは主にチームの接待を担当しています。約500人が一緒に食事をすることができます。ホテルは大きいボックス席が二つあります。長いテーブルを並べて食事を分けます。他の各クラスのボックス席が五つあります。ボックス席のテーブルは22人が座れます。ホテルのレストランは本場の徽州料理をメインにして、黄山の現地の原材料を取材して、北海ホテルの特色の美食を形成します。
ホテルは観光スポット内の主要な政務接待部門として、数年来多くの党と国家の指導者、国内外の要人と社会の名流を接待して、優良品質のサービスは広範な称賛を得ました。ホテルは数年来前後して「安徽省十強観光星ホテル」、「誠信品質星ホテル」、「中国ブランドホテル」、「常青歴史経典ホテル」、「優秀星ホテル」、「金葉級グリーン観光ホテル」など多くの栄誉称号を獲得しました。そして、省市、観光地の各種類の審査で優秀な成績を獲得しました。黄山に登ってすばらしい景色を見て、北海に住んで国賓のサービスを享受します。